2011年03月12日

福島原発に関する緊急共同記者会見開催、本日20:00より

恐ろしい状況になっている。
なのに、何が起こっているのか、明らかにされないもどかしさ。

本日20:00より特定非営利活動法人原子力資料情報室と自由報道協会による福島原発に関する緊急共同記者会見が開催され、Ustream中継されるそうです。
ビデオニュース・ドットコム( http://www.videonews.com/

今、原子力資料情報室事務所内インタビュー中継中です。
http://iwakamiyasumi.com/archives/4661



福島第一、第二原子力発電所の10機の原子力発電所で、いったい何が起こっているのか。今後どんな危険性が迫っているのか。政府・東京電力は、事故状況の詳細について公表せず、「専門家」のコメントも的はずれと感じませんか。
私たちは、原子力発電所の設計を行っていた技術者も交えて、原子力発電所の基本的な仕組みや設計方法から、福島の原発の深刻な状況、今後の安全確保対策等の問題について、詳しくお話させていただきます。

特定非営利活動法人原子力資料情報室
http://www.cnic.jp/
read more
posted by artemisk at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ

2011年01月19日

THE BIG ISSUE 159号

THE BIG ISSUE 159号(2011.1.15)に、テキスタイルアーティスト・呉夏枝さんのインタビューが掲載されています。

「祖母、母、私、三世代の道のり。生地に残った記憶をたどる」

インタビュー記事でも紹介されている作品「三世代」は、2004年に東京経済大学で開催された「コリアンディアスポラアートの現在」にも出品され、呉さんのトークとともに、とても心動かされた作品です。

呉夏枝さんweb >>>
posted by artemisk at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ

2010年11月06日

「赤い帽子の男」

「それは、描きつつ見つめる者の眼差しと、描かれつつ見つめる者の眼差しの、二つの眼差しのあいだに通う、途轍もなく張りつめた愛だった。」

「赤い帽子の男」の著者エルヴェ・ギベールの写真作品が、今東京都写真美術館で開催中の「ラヴズ・ボディー生と性を巡る表現」で展示されています。



posted by artemisk at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ

2010年10月18日

USTREAM+Twitter 反貧困TV

先週土曜日(16日)の反貧困TV「世直しだよ!全員集合〜6時間生放送〜」を途中まで見ました。

一昨年、昨年となかなか会場に行けず、残念に思っていましたが、今年はリアルタイムで、会場の様子、発言、「反貧困本音トーク」が体験でき、とても刺激的でした。
Twitterからの質問もあり、双方向のネット配信、今後の大きな可能性を感じました。
反貧困世直し大集会2010宣言は、私たち、一人ひとりに問いかける、心に響くものでした。

「いいかげん変えようよ! 希望のもてる社会へ」

反貧困のムーブメントが広がることを期待しています。
「希望」を感じる反貧困TVでした。

OurPlanetTV・PARC・レイバーネットTVのみなさん、ありがとうございました。

反貧困ネット
http://www.k5.dion.ne.jp/~hinky/index.html
posted by artemisk at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ

2010年10月11日

ディスロケイト(dislocate)

YAMAOKAsan.JPG


現在開催中のmediActions「ディスロケイト(dislocate)」、10月9日(土)のパフォーマンスに行ってきました。

雨の秋葉原の通りでの山岡佐紀子さん、3331に戻り、インドネシアから来日中のPrilla Taniaさん、門倉緑さんのパフォーマンスが続きました。
大雨の最中のパフォーマンス、観客としての参加でしたが、潔いパフォーマンスで、爽快な気分にさせてくれました。
ゆるゆるとした時間の中で試みられていることの貴重さを感じました。
何度か通うことになると思います。

つづき >>> http://gaap.sblo.jp/article/41255186.html
read more
posted by artemisk at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめ